空色ホーム > 人魚の森 > TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 感想まとめ

TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 感想まとめ

2007.10.31(Wed)
「人魚の森」

高橋留美子劇場。これが以前にアニマックスの方で放送しておりました。

で、自分はつらつらとその時に感想を書いていたわけですよ。なかなか興味深い作品でしたので。

だけど、自分はこの作者様の作品で言うと、らんまや犬夜叉が好きでもあるのですが。

にしても、犬夜叉のアニメはもっと続けて欲しかったな。

あれは続編も期待したいんですけどね。じゃないとあの終わり方では物足りぬ。

て、今回は人魚の森の話でした。

じゃあ、ここには人魚の森の感想が全てまとめてありますので。

にしても、真魚さんには妙に萌えたな。ありゃあ湧太がいないと心配だわ。


(TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 感想まとめ)


高橋留美子劇場 人魚の森 DVD-BOX
高橋留美子劇場 人魚の森 DVD-BOX


(各話毎の感想)

TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第1話 人魚は笑わない 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第2話 闘魚の里(前編) 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第3話 闘魚の里(後編) 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第4話 人魚の森(前編) 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第5話 人魚の森(後編) 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第6話 夢の終わり 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第7話 舎利姫 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第8話 最後の顔(前編) 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第9話 最後の顔(後編) 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第10話 約束の明日(前編) 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第11話 約束の明日(後編) 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第12話 人魚の傷(前編) 感想
TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第13話 人魚の傷(後編) 感想


(最後に一言)

さて、感想の最後に一言ですけど。

でも、この作品はまずOPで引き込まれるかどうかも大きいような。

あれはやけに真魚が色っぽくも見えてしまうんですけど。あの目付きがな。(笑)

そして湧太の舵引く舟。あの何だか知れないゆっくりさ。

あれは何だか作品に合ってると思いました。

とにかく、OPとED。

これを自分は毎回見ながら、色々と想い巡らすのが好きだったようなね。

そして、目覚めて最初の光景。

そして、いつか目を閉じる時に最後に見る光景。

ふと、そんなのを考えてみる。

この作品で描かれていた一つには「永遠」があったと思います。

でも、それはなんて手に掴めないものだったろうか・・・。

そんな彼らや彼女たちの姿を見ながら想う。

そういう風にしても、自分はきっと楽しんでいたんだろうと思います。

まあ、中には残酷な描写をしているものもありますよ。

でも、そういうのも、もしかして愛なのかなぁ・・・と。

とても難しいものです。

そんな愛の形はみんな同じじゃないだろうから。

だから、一言では片付けられない。

そんな、まだ片付けられない。

まあ、とりあえず興味があったら見てみてください。

ギャグ方面では、この作者様も好きであろうヤキモチとか見られて面白いですので。

らんま好きだった自分は、きっとニヤリですよ。ww

「人魚の森」に関連するもの

でも、真魚さんもゆーたにゾッコンじゃないんでしょうか。

しかし、ヤキモチは食えませんので!

ええ、この子はもっと色々なことを知るべきなのです。てか、知りましょう。

つまりは延長戦ならず、レッスン開始!!

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< ミステリート ~八十神かおるの事件ファイル~ 感想・1 「どんどん続きが知りたくなる面白さ」 | 空色ホームへ | TVアニメ 高橋留美子劇場「人魚の森」 第13話 人魚の傷(後編) 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2346-5a77b6e9

| 空色ホームへ |