空色ホーム > レ・ミゼラブル 少女コゼット > 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第45話 パリの下水道 感想

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第45話 パリの下水道 感想

2007.11.12(Mon)
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

そういえば世界名作劇場の次回作は「ポルフィの長い旅」とかいう作品になるらしいですね。

はー、これは初見だな。ぜんぜん知らない作品ですわ。

しかし・・・これは作画とかに違和感を覚えたのでおそらく見ないと思う。

べつに絵で決める訳でもないですが、いまいち興味薄味ですし。

じゃあ、コゼットの感想に行きましょう。ガヴとコゼット感動の再会ですっ!!


(世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第45話 パリの下水道 感想)


"反逆の山々"


しかし、あの映像を見ていたら不謹慎ですが某ラジオのタイトルが浮かんでしまった。

でも、ジャヴェールさんはジャンを本当に目の敵のように追いかけますね。

まあ、自分の中でも苛立ちが募っているのでしょう。

それはおそらく自分自身の信ずるものに対しての葛藤で。

そしてジャンと怪我をして気を失っているマリウスが逃げ込んだのはパリの下水道だったのです。

とにもジャンはマリウスを安全な場所へ届けたい。

それはコゼットの未来のために・・・。


"天使の願い"


はい、ガヴは天使の微笑を見ました。

しかしまだ輪っかはありません。君はまだ生きているのです。

ガヴローシュとコゼットの再会。感激の再会ですっ!!

やー、これは見ていて嬉しいものもありましたね。

ここは細かい事云々よりも、このアニメの流れでは自然にそう思っておけばいいと思います。

だけど、ガヴの口からコゼットは聞きましたね。マリウスの事、お父様の事を。

そしてコゼットはバリケードの中へ向かうのですが。

でも、ガヴから見てコゼットはまるで天使だと。じゃあ、そんな天使の願いは・・・。


"暗闇の中で"


マリウスを抱えて下水道の真っ暗な道を歩いていくジャン。

でも、自分は思うのですが、こんな真っ暗な道でも彼は光を見ているのではないのでしょうか。

彼はこれまで苦労に苦労を重ねた人生を歩んできました。

しかしコゼットと出会って、彼女を育てていく内に父親としての愛を覚えた。

でも、自分はあんな星のもとに生まれてさ。そんな娘の「これから」の幸せを願うならば。

思えばファンティーヌさんもコゼットの「これから」を思って、ああいう運命を辿ってしまった。

そして今はジャンがこういう道を辿っている。

だけど、こんな真っ暗な闇の中でも、きっとジャンは眩しいものを見てもいるんだろうと思うんです。

けれど、どうしてこんなことになっているのかって云うのは、まあ見ていて辛い部分だと感じますよ。

時に運命は厳しくて――。時に運命は優しくて――。


次回は「第46話 ジャヴェールの正義」


ああ、コゼットのお父様とマリウスを信じている台詞にはグッと来たなあ。

その後の光景も悪くなかった。

だけど、あの地下水道はなかなかいい音楽使ってましたね。

それに地下迷宮みたいで、思いもかけずちょびワクしてしまいましたよ。

あれが日本の水道だったら、きっとワニとか地球外生命体とかいるんだと思う。

下水道、それはなんとも恐ろしい所なのさ。

なんと云っても「赤鼻のモンスター」まで住み着いていたのだから。

しかし、最後のシーンはジャンとジャヴェール。これはついに決着の時か・・・。

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< TVアニメ きらりん☆レボリューション 第58話 ユケムリ~!宙人を守れ大作戦!! 感想 | 空色ホームへ | ナギサのあなたと合体したい! ~ナギサの体験版の感想~ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2428-b874bae7

| 空色ホームへ |