空色ホーム > リトルバスターズ!EX > Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・9 「Firefly ~朱鷺戸 沙耶~」

Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・9 「Firefly ~朱鷺戸 沙耶~」

2008.07.26(Sat)
リプレイも相当数やりましたが。何回死んだことか。

とにも、この沙耶シナリオは根気がいります。根気でいくしかない。

きっと、根気のない方にはクリアする事が出来ません。

あと、沙耶さんはどんどんていたらく。マイペースな理樹ちゃん。

そして、数々の壮絶な死に様を乗り越え・・・ついに沙耶ルートへ辿り着けました。

しかし、あれは過酷な道のりだった。

それに、リプレイもいいトコでタイトルメニュー回帰はないだろう。

って、まあ・・・だーかーらー、これはすでに根気なんですってば!!


(Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・9 「Firefly ~朱鷺戸 沙耶~」)


では、今回は朱鷺戸沙耶ルートについての感想ですが。その前に関連記事抜粋。

(Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・4 「まだ見ぬ世界も駆け抜けてゆく」)
(Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・5 「そんなあの子は天然ボケスナイパー」)
(Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・6 「楽しませたいのは分かる」)
(Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・7 「ざくり。」)
(Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・8 「これは一万回と二千回くらい死ねる」)

でも、タイトルの方に「沙耶」と出るころには、

彼女のことを気に入ってしまうか、それともそうでもないかのどちらかだと思います。

まあ、個人的にはキャラクターは好きだったかな。

見てると何かと面白かったので。弁当のトコとかね。「でしょっ」ってさあ。

だから、とりあえずそういう会話は楽しめるだろうと思いますよ。

しかし、Hシーンについては特に語ることがありません。

ただ、やっぱりエロ度はエクスタシーって訳でもなさそうでした。

ていうか、EXのエロはもうそれくらいのレベルだと当初から思ってはおりましたが。

あと、朱鷺戸沙耶のルートはちょっと意地の悪いトラップが多すぎです。

おそらくは射撃や迷宮が嫌になる方もおられると思われます。

それこそ体験してみるのが一番だろうと思われますが、やはり射撃はオフにした方がいいかと。


しかし、この世界における最強の武器。それは理樹ちゃんなのでしたなあ。

つーか、きっとラスボスさんも内心では・・・何しろ理樹さんも大好きなお方でしょうしー。(笑)



そして、進めていくうちに気になってしまうのは「秘宝」の正体だろうと。

それはここまで辿り着いた方って、すでに「世界の秘密」も知っているはずだと思いますが。

それも踏まえての上でも、やはりそこが最も気になる部分だろうと思われました。

そして、その正体とは少なからず「悲報」だったろうと自分は感じました。

この世界においては、彼女の存在が・・・なのだから。

この優しさに包まれたはずの世界が、こんなにも過酷になる。

だから、それは誰かの為にある世界って、そうじゃない誰かにとっては過酷なのだと。


これは「EX」にある幾つかの意味のうちの・・・「~の外に」――。


ここ、外にっていう意味はひねて深いですよ。あえて言いませんが色んな意味も持たせてあります。

ですから、これはリトバス世界に広がりをもたらせるかも知れないようなシナリオなのかもな。

まあ、ああいう過酷さをどう見るかはプレイヤーにもよると思われましたが。

とにも死ね死ね団みたいなものです。ヒーッ。(笑)

けど、自分はあのエンディングを見ながら思っていたのですが。

これって、実は本当にバッドエンドとしてしまった方が記憶には残るのかも知れない節もあったようなね?

つか、そうすることで世界の秘密が、こうもっと何かさ・・・。

でも、あの終わり方ならば、また彼女とは出会えるのかも知れない。

そして、そんな「朱鷺戸沙耶/ときどさや」って子は。

この世界ではあんなに、ときどきどころじゃないくらいに眩しくて。

見ていると、それはさやさやともしたような女の子で。

けど、あの子の存在について考えると、それは「蛍」とも受け取れないでしょうか。

だからさ、これって「こんな見せ方もあるんだよ」・・・ってことじゃないのかなあと。

蛍って甘い水に寄ってくるんですよ。

けど、そこにずっといられるのかというとさ。

それは其処でずっといられるわけじゃないんです。

でも、これってほぼ自分が当初に思っていた通りでもありましたっけ?


「朱鷺をかける少女+」


とまあ、ざくりと血は山ほど見られましたし、彼女の存在も確かに駆け抜けておりましたしー。

ああ、朱鷺駆けだな。これそうだわ。

そして、同時に今を生きていくしかないお話でもありました。

だから・・・いま、とき、しかけの物語――。

ただ、結論としてはスパイゆえにちょとスッパイよなあ~っとまとめてみましょう。

では、次の攻略ヒロインはおーっほっほっほなお方にイッちゃいますか~?


リトルバスターズ!SSS Vol.2 (2) (なごみ文庫 X 1-2)
リトルバスターズ!SSS Vol.2 (2) (なごみ文庫 X 1-2)


うむ、それはそれで楽しみなんだぜーいっ!!(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・10 「ごめんあそばせ」 | 空色ホームへ | Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・8 「これは一万回と二千回くらい死ねる」 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/3231-c871b033

| 空色ホームへ |