空色ホーム > リトルバスターズ!EX > Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・24 「僕が一番欲しかったもの ~棗 鈴 R 後編~」

Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・24 「僕が一番欲しかったもの ~棗 鈴 R 後編~」

2008.08.05(Tue)
にしても、これは鈴ルートをやってると良く分かるのでしょうが。

ねえ、言葉や態度などの細かい違いについてです。

つーか、そゆのって本当に不思議だわ。

それこそ言い方でも違うだろし、強弱でも違って聞こえてしまうんだろうし。

そいで、それ自体が変わってしまうと、当たり前にどうなるのかって話でさあ。

いや、だから、この作品も作るのは大変だったんだろうなあと感じた訳ですよ。

ちなみに、そういうのはゲームだから出来る事でもあります。

これがアニメとか本だとこうもいかないはずだから。

まあ、そういう感じでもさ。

ゲームっていうのは、明らかにアニメとか本では表現出来ない事が描けるんですよ。

で、そう考えるとだ。

例えばゲームからのアニメ化で違和感を抱くのは何故かって事にも繋がるんだろうなあ。

・・・って、オーバー?ww


(Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・24 「僕が一番欲しかったもの ~棗 鈴 R 後編~」)


「無印のときのリンリン感想後編」
(リトルバスターズ! プレイ感想・23 君が教えてくれて、僕が一番欲しかったもの ~棗 鈴 後編~)


でも、これってさ。「君」があって「僕」となるんだろうなあと。

そいで、「僕らが一番欲しかったもの」に繋がっていくのでしょう。

(参考・Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・23 「君が教えてくれるもの ~棗 鈴 R 前編~」)

で、今回の後編では上の前編とは少し違う見方をするんですが。

ねえ、恭介さんいわく・・・弱いまんまの理樹。

けど、ここに辿り着くまでに、あいつだって素敵なものを拾っては喜んでいたのだろう。

でも、結局理樹はそんな事を何度も繰り返し。

最後には何も見つけられないまま・・・やっぱ「ここ」に来た。

しかし、来た道を振り返ってみたら、たくさんの形をした何かがあったと思いますよ。

それを見て、幸せと思うか、切ないと思うか、哀しいと思うか。

まあ、それはプレイヤーが感じればいいのだろうと思います。

ですが、そんなたくさんも含めてですが。

まだ「今までで一番素敵なもの」は見つけちゃいない。

そんなニュアンスが、きっと当てはまるのではないのかなあと自分は思ったんですが。

つーか、理樹やプレイヤー自身も、まだそれをちゃんと分かっていないのでしょう。

だから、素敵なものを拾って喜んでいた。

理樹は今の僕以上に必要としている人がいればあげる事だって出来た。

きっとまたこの先も探していれば、それは見つかるだろうと思ってた。

だから、惜しいような気もしたけどあげる事が出来たんだ。

なによりも、そうすることで僕を見て嬉しそうに笑ってくれるから。

で、そういうのを言い返せば。

理樹はちゃんと誰かに対して気付いてあげられるやつであるんですよ。


とまあ、自分もなかなか上手い言葉が出て来ないのですが!


でも、それって結局は。

きっとまたこの先でもそれがあるのならば・・・って事でもあるのかなあと。

つーか、それがもうなくなってしまうのだとしたら。

ねえ、たった一週間やそこらであんな状況にもなってしまう二人でした。

そして、また殻に閉じこもってしまうような終わりを一旦迎えてしまうのです。

じゃあ、もうどうしたらいいって言うのさ。

だけど、あいつは言ったんだ。強く生きると。

ならば、今度こそ理樹は「今までで一番素敵なもの」を見つけるために来たんだ。

そんな事を何度も繰り返し。

最後には見つけられないままだったものを、とうとう拾いに来たんだ。

そして、いったい何が「今までで一番素敵なもの」かと言うと。

誰か一人って事よりも、やはり全員揃っての「リトルバスターズ」って事になるんだろうなあと。

ただ、それはあくまで「今までで一番素敵なもの」であって。

それはもっと素敵なものだって。

ここまでに見つかっていたかも知れない。

もしくはこれから見つかるのかも知れないって事でさ。

ただ、みんなしてやっぱ不器用なんだろうなあ。

けど、やっぱみんなしていたいのは同じはずでさあ。

なのに「僕らが一番欲しかったもの」は、あんな過酷の向こうにしかないのだろうか。


なあ、「ガッツ」ですよ。最後は「ガッ」までは言えたんだ。

けれど、「ツ」が出てこなくって。

それは「ガッデム/ガッ出む」となってしまったのがリフレイン前の鈴ルートだったのです。


では、とうとう現れた「Refrain」へと入って行きましょう。

きっと、僕らが一番欲しかったものを。

今までで一番素敵なものをとうとう見つけるために。


「そうなったらいいなって、ずっと思ってたんだよ」


なあ、その本当の最後に待っているのは。

そうなったらいいなって、ずっとみんなで思っていた世界のはずだろ?


リトルバスターズキャラクターソング 鈴の密かな恋の唄/Mission:Love sniper
リトルバスターズキャラクターソング 鈴の密かな恋の唄/Mission:Love sniper"

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・X 「明けない夜が来ることはない」 | 空色ホームへ | Key リトルバスターズ!エクスタシー プレイ感想・23 「君が教えてくれるもの ~棗 鈴 R 前編~」 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/3255-ad6b75d6

| 空色ホームへ |