空色ホーム > 空色カオス(終) > 映画・「河童のクゥと夏休み」 感想前編 ~ギャップ~

映画・「河童のクゥと夏休み」 感想前編 ~ギャップ~

2008.08.18(Mon)
「河童のクゥと夏休み」

これは以前にコマーシャルとかを見てたら「ET」っぽいんかなあと。

で、つい先日ですがCS放送してたので見ておりました。

にしても、自分はキッズとかアニマックスとかばっか見てますねえ。

しかし、ちゃんと他にもニュースなど見て、その討論とかもしてるんですよ~?

では、前説終って感想に入りましょう・・・クゥ~・・・っ。


(映画・「河童のクゥと夏休み」 感想前編 ~ギャップ~)


(まずは見ながら思って書いたこと)

けど、このアニメは冒頭からちょっとショッキングな場面があった。

それで思わず自分は面食らってしまったんだよ。

でも、何か妙に引き込まれるような感覚も同時に沸き起こってきたんだよな。

そして、この作品って「子供の感覚」が上手に出せていると見て取れたんです。

だから、そういう描き方がちゃんとしていると思ったんだ。

それにわりと生活臭さがあるんだよね。それがすげえ新鮮に映っても見えたのさ。


つーか、なんじゃあこりゃあ!めっちゃ面白いじゃないか!!

何か知らんがめちゃワク×2してくる!よもやこんな感覚を覚えようとは!!



でも、クゥが「殺さねえで」とかいうのは、やっぱ冒頭のあれがあるからでさ。

そういうのはまず見ている人が分かると思う。

だけど、あの一家はまだ知らないはずでさ。それで家でクゥを飼おうと言っている。

「助けてあげようよ」って台詞はやさしいように思えます。

けど、それはもしかするとクゥにとっては違っているのかも知れない。

それに、この作品は現代社会においてあるような。そんな数々の問題も描かれている。

だから、ある意味での「過去から来た存在」であるクゥ。

そして「今に存在」しているあの一家たち&昔よりも遥かに多いであろう人間たち。

そういう意味での「ギャップ」になるのか。

そゆので、最も分かりやすいのでは「河童と人間」。

でも、それだけじゃなくってさ。

そんな「ギャップ/偏見/見方」はたくさんあったように思われました。

そして、この作品は描き方がとてもよく出来ているんですよ。

だから、それは自然にすーっと心の中へと何か入り込んでくる。

そんなすげえ素直な作品でもあったような。

きっと、これ最後まで見たら泣けてる。

これはそれくらい感動作となれていたと思いました。

まさに「くぅ~・・・」って感情が込み上げてくると思うんですね。


河童のクゥと夏休み オリジナル・サウンドトラック
河童のクゥと夏休み オリジナル・サウンドトラック

(感想後編に続・・・クゥ~っ)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 映画・「河童のクゥと夏休み」 感想後編 ~魂~ | 空色ホームへ | FC2ブログの不具合などについて >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/3297-6ba2213a

| 空色ホームへ |