空色ホーム > 空色カオス(終) > ニンテンドーDS版「クロノ・トリガー」発売日と価格決定

ニンテンドーDS版「クロノ・トリガー」発売日と価格決定

2008.08.30(Sat)
買うか買わないかはさておき。

クロノを自分は密かに楽しみにしているのですが。

でも、クロノトリガーはスーファミでやった時には衝撃を受けましたねえ。

やっぱあの作品はドラクエ、FFと、鳥山明と。

当時でも制作陣は超豪華であり。

で、今にしてもやっぱその凄さは十分あると思うのですが。

とまあ、とにも自分はその頃に衝撃を受けたクチなのでしたよ。

ああ、懐かしきピカピカの・・・何年生だったんだろうなあ。(笑)


(ニンテンドーDS版「クロノ・トリガー」発売日と価格決定)


でも、クロノ・トリガーは思い出すと色々と語れますよ。

あれは魔王が仲間になったりさあ。


つーか、これは魔王が仲間になるんですよッッ!?


そんなん昔の作品ではこれが最初だったんじゃないのでしょうか。

おお、あれには当時スゲエと思ったんだよ。

それに時空を越えて過去に何かをした場合には、それが未来で息吹くイベントとかもあったりさ。

更には主人公が一度死ぬというエピソードがあってさ。

あれはもう、なんていうか当時はびっくらこいた。

んで、シナリオでドキドキするじゃないですか。

ああいう冒険心がこの作品にはめっちゃありましたよ。

それにエンディングの数とかも、これ結構バリエーションがあるのです。

つーか、この作品ってまさにアイデアの塊でもあったと思うんですよ。

やっぱ今あるRPGなどへの先駆け的なものもあったんだろうなあ。

ていうか、考えれば考えるほど凄い作品なのだわ。

つか、これにはあれだ。

キャッチコピーに「――時を駆け抜けろ。」が似合いそうだぜ。

とにも自分にとっては間違いなく名作の類ですよ。このクロノ・トリガーは。

さあ、時を刻む音が聞こえてこないかい・・・カチカチカチ・・・。

クロノ・トリガー DS

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 金曜ドラマ 魔王 第9話 感想 | 空色ホームへ | 「リトルバスターズ」メンバー6人が、ちっちゃなフィギュアに >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/3330-dccfd865

| 空色ホームへ |