空色ホーム > Key > コンプエース連載中の「リトルバスターズ!」(作:あなぐらもぐら)が9/26に発売!

コンプエース連載中の「リトルバスターズ!」(作:あなぐらもぐら)が9/26に発売!

2008.09.20(Sat)
しかし、「リトルバスターズ!」もかなりたくさんの本とかグッズとか出ておりますが。

いや、ここは印象のお話です。

ただ・・・うん、たくさん出回っているなあと・・・いう印象。

しかし、本も最近は四コマとか小説とか多いですよねえ。

そして、今回の話題はコンプエースにて連載中のリトバス系コミックが出るようです。


(コンプエース連載中の「リトルバスターズ!」(作:あなぐらもぐら)が9/26に発売!)


(参考・Key リトルバスターズ!エクスタシー 感想、レビュー、筋肉のまとめ)

しかし、自分もわりとギャルゲ原作のコミック本とかは買うこともあります。

今もマイ本棚とかを見ておりましたが。

それこそ漫画もありますし・・・でも文庫本のほうが割合多いのか。

で、自分は思うのですが。

大体これまでに買ってきた、その類の本を見ますと。

それはコミックの場合は、ある程度「はじまり」的な印象で終ってしまう作品が多いと見受けられました。

そして、文庫本の場合はですが。

それはある程度の内容は端折られもするかと思います。

しかし、それはそれで「おしまい」的なものも多いように見受けられました。

まあ、コミックよりも文庫の方が大体ちゃんと物語は読ませられている気がしますね。

其処は詰め込める文章量の差が大きいからでしょうけど。

それを逆にいえばコミックの場合はイメージ路線に強いんです。

ただ、コミックも文庫にしても、それは「イメージ」的なもので終わる場合の作品も多いと思われます。

とまあ、大体はそんな感じで分かれてますよね。

つーか、そういう印象が自分には大きいって話なんですけど。

ああ、ちなみに以前に自分が買った「sola」のコミック版についてですが。

(参考・コミック版「sola」 第1巻の感想)
(参考・コミック版「sola」 第2巻の感想)

こちらはギャルゲではなくTVアニメですけど、ちゃんと完結してて個人的には良かった。

しかし、それは原作の話がさほど長編でもないからなのでしょう。

だから、ちゃんと2巻でも見事にまとめ想わせられたのだと思われます。

けど、リトバスの場合は原作を遊ぶと分かるのでしょうが・・・結構な長さはありました。

で、キャラの個別エンドもありはしますが、やはり最後のエピソードへ向けてのものがあると思います。

つまり、コミックで「おしまい」まで描かれる場合は大変だろうなあと見受けられました。

だから、リトバスの場合は「イメージ」を引き出すような作品が一番似合うのだろうなあ。

ゆえに四コマとかサイドストーリーみたいな本が、数多くの作者様方の元で作られているのでありましょう。

ですが、「はじまり」はそちらでやらずとも、すでにユーザーの中で始まっている。

そして、「おしまい」についても、すでにユーザーの中にはある。

だから、その間にある「イメージ」を。

こうして、また別の作者様が描かれているのは興味深いのではないでしょうか?

いえ、ちゃんとKey様が見ていらっしゃるとは思われますが。


リトルバスターズ! (1)
リトルバスターズ! (1)


にしても、「あなぐらもぐら」とは素晴らしいネーミングですな。

それはまさに畑が見張られているかのようである。

あ、ああ、いやいやいや、これはちょっとじゃれているだけの話です。

ですから、そこに妙な勘違いはしないでくださいよっ?(笑)


空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 『リトルバスターズ!エクスタシー』初回限定版用アップデートファイルの配布につきまして? | 空色ホームへ | TVアニメ「ローゼンメイデン・トロイメント」キャラクタードラマCD Vol.4 蒼星石 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/3395-052b3abb

| 空色ホームへ |