空色ホーム > 空色カオス(終) > 「海街diary」の第2巻が10月に発売されます

「海街diary」の第2巻が10月に発売されます

2008.09.20(Sat)
以前に感想を書いた「海街diary」ですが。

(参考・海街diary 第1巻 蝉時雨のやむ頃 感想)

そちらの第2巻が来月に発売されるようです。

ええ、自分は前の1巻を読んでから、その続きが気になっておりましたよ。

ということで、もう一度第1巻を今回は読み直しておりました。


(「海街diary」の第2巻が10月に発売されます)


ではでは、今回は第1巻をもう一度読んで・・・。

しかし、今見るとカバー帯にですね「畢生」という言葉があったのですよ。

この「畢生/ひっせい」という言葉の意味。

それは「一生涯」とか「終生」とかの意味があるようですが。


ですが、今回の自分が言いたいのは其処ではないのです。

それについてを少々語ってまいりますが。



まず、その上記に書いた「終生」ですね。

これをPCで文字変換しようとしたら「秋晴」とか「秋声」って言葉が出てきたのです。

いや、それでその言葉を見て。

自分の頭の中には作者様である「吉田秋生」さんの名前がパーッと浮かんできたのです。

で、今回の海街の第2巻が出るのは、丁度季節も「秋」じゃないですか。

そして、前の第1巻の時は、丁度季節が「夏」になる頃に発売されたのです。

さらに本を読んでみれば、それは夏から始まり、秋を過ごし、冬で閉じた。

つまりですね、ここは季節廻って・・・また秋が来たと言いたいのです。

と同時に、ここで上にも書いた「秋晴」や「秋声」が生きてくるような気がしたのですね。

それは秋のよく澄んで晴れ渡っている空のようす。

それは風雨や木の葉のそよぎなどの音に感じられる秋の気配。

自分はまだ海街の第2巻を読んだ訳ではありません。

しかし、きっとそんなものをこれは感じさせてくれるのだろうと思うんだ。

海街diary 2 (2) (フラワーコミックス)

さあ、「海街diary」第2巻。ついに発売されます。

秋には明らかにこの一冊で決まりです。

ああ、読むのが今からして待ち遠しきことかな・・・。

しかし、同時に「すずちゃんの鎌倉さんぽ」なるものも出るようなのですが。

これの詳細がよく分からんな。おれ専用の情報収集スカイアンテナにまだ引っ掛からない。

だが、おそらく買っていることでしょう・・・ビバ、鎌倉っ!!(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< TVアニメ「ローゼンメイデン・トロイメント」キャラクタードラマCD Vol.5 真紅 感想 | 空色ホームへ | 『リトルバスターズ!エクスタシー』初回限定版用アップデートファイルの配布につきまして? >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/3397-35fa38b8

| 空色ホームへ |