空色ホーム > 地獄少女 > 地獄少女 三鼎 第1話 奪われた少女 感想

地獄少女 三鼎 第1話 奪われた少女 感想

2008.10.07(Tue)
「地獄少女 三鼎」

ついに幕を開けた・・・「三鼎/みつがなえ」であります。

しかし、この作品も二籠の時はやりそうな雰囲気で終ってたのですよ。

(参考・TVアニメ 地獄少女 二籠 感想まとめ)

だけど、本当にやるとは思わなかった。

でも、閻魔あいがどのようにして、またこの現世に舞い戻るのか。

考えてみると興味は尽きないものがありますね。

そうです、地獄少女は滅びません。

だけど、またしても業の深い作品となるような気は最初から感じております。

しかし、そうと分かっていても。

こうして自分は見ているんだから、何か其れには引き寄せる力があるのでしょう。

では、「地獄少女 三鼎」・・・その感想をはじめましょう・・・――。


(地獄少女 三鼎 第1話 奪われた少女 感想)


しかし、閻魔あいはキスが上手なんだろうなあ。

さくらんぼさくらんぼっ。

そして、きくりもハゲハゲと。

つーか、キミふんどしだろ~?(笑)

とまあ、集まれば相変わらずのようでもありますが、中には新メンバー「山童」の加入も。

それにしても、やっぱこれ「せいてき」な作品ですよね。

いや、性的、静的、制的・・・と。

其処には数々の意味も含めてあるのですが。

けど怖いよね。今時のお若い方は。

まあ、それすらも大人にとってはあれなのかもですけど。

でも、其処に地獄通信なんか無ければ。

けど、ここには地獄通信があるのです。

それは恨む相手を地獄へと流せる・・・。

にしても、このアニメやってくれます。大体は1話にして描きたい事も理解できました。

けど、それは今作品シリーズを通して・・・たゆとうものもあると思うのですけど。

まあ、其処を語ろうと思ったら長くなるので控えますが。

でも、これって「視点的に三つ」になるのかな?

あの「御景ゆずき」って子の中に「閻魔あい」がいる。

だから、ゆずきの目を通してあいが視る。

そして、それも含めて「視聴者」の目が視ている。

つまり、其処で三つの視点が生まれる。

つーか、要は景色だよな。

ゆずきはこれから嫌なものばっか視る気がする。

それイコールで視聴者も嫌なものを見せつけられてしまうのでしょう。

まあ、あのエンディング映像を見ていると別の考えも浮かびはしますが。

しかし、それも少しだけ忘れさせてくれるのが「地獄コント」なのです。

つーか、誰かさんはハチでノリノリみたいでしたが。

なんかBugってハニーみたいだぜ。その体色は目に悪そうでしたが。(笑)

でも、今回の構成は巧みでしたな。上手いですよ。

しかし、丹下先生は良い先生だったのに。

そう、この作品は常に後味の悪さも巧みなのです。

そして、これからも恨み辛みは・・・

まるで円周率のように果てしなく続くのであろう・・・――






つーか、もし抜けるなら。いちぬけするのなら今のうちに。

だって、べつにわざわざ陰鬱な世界に触れる必要も無いと思いますからね。

まあ、そんなこと言いつつ視ていく自分はSかもですけどっ?

いやいや、どちらかというと・・・ザクッと刺されたい?(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< マクロスF O.S.T.2 「娘トラ☆」を聞け!・・・っと感想☆ | 空色ホームへ | TVタックル見ていたら、ツンデレ喫茶とか綾波レイとか・・・ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/3453-d9febb30

| 空色ホームへ |