空色ホーム > 機動戦士ガンダム00[ダブルオー] > 機動戦士ガンダムOO(ダブルオー) セカンドシーズン 第15話 反抗の凱歌 感想

機動戦士ガンダムOO(ダブルオー) セカンドシーズン 第15話 反抗の凱歌 感想

2009.01.18(Sun)
しかし、マリナ姫にはイス、参ーる。

もっとマリナ姫にはスマイルスマイルイス参ーる。

おれはマリナ姫にもっと笑顔になられて欲しいのですっ!!

ええ、それもガンダムOOセカンドシーズンのポイントなのでしょう。

だが、画面の中はせつなさいっぱい。

歌のお姉さんと化されたマリナ・イスマイールの未来図は。

あああぁー、マリアナ海溝冬景色ぃ~~~・・・♪


(機動戦士ガンダムOO(ダブルオー) セカンドシーズン 第15話 反抗の凱歌 感想)


(前回・機動戦士ガンダムOO(ダブルオー) セカンドシーズン 第14話 歌が聞こえる 感想)

まずはイノベイターサイドはドロドロしてましたなあ。

それからカタロンサイド。

マリナ姫はお洗濯に忙しいのよ・・・切なっ、切なっ。

とりあえず、他のヒロインで癒されましょう。

マリナ姫にはきっといつか素晴らしい笑顔の場面があるから。

ああ、おれはそう信じている。

そうだ、マリナ姫の最高の笑顔は!

太陽のような笑顔は、いつか必ずやって来るから!!


それともう一人。

ルイスもいつか笑える日がやって来るといいのに。

けど、この作品は哀しみを抱え込んでいるヒロインのイメージが大きいわ。

でも、マリナ姫だけはその中でも何か違うんだよ。


しかし、刹那ですが。

彼も重いもの背負ってました。

でも、刹那って、きっと歌を歌ったことなんてないのだろうな。

けど、歌ってのはメロディーですよ。

それが、ただの言葉よりも、心に染み入ることがあるのだろう。

もしかすると、マリナは刹那の母のような存在になれる女性なのかもシレナイ・・・。


次回は「悲劇への序章」――。


しかし、一体誰がスパイなのか。

そして、ソレスタルビーイングも大ピンチでしたが。

それに刹那も手負いですしね。

まあ、これはセカンドシーズンに入って最も危険な展開のようだ。

でも、ラストではまた新たな動き。クーデターの発生。

あ、それとエンディングが変わりましたね。

けど、これ微妙だなあ。まだマリナ姫と子供たちの歌の方が・・・。ww


そして、刹那は空をかける!!其処に彼奴が現れたのだああああ!!

ブシドーブレードが真っ赤に燃える!!お前を倒せと轟き叫ぶー!!!



空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< NHK大河ドラマ 天地人 第3話 殿の初恋 感想 | 空色ホームへ | Tears...for truth ~true tears イメージソング集~ 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/3820-061064b0

| 空色ホームへ |