空色ホーム > 空色カオス(終) > アニメ・「王ドロボウJING」 シリーズの感想

アニメ・「王ドロボウJING」 シリーズの感想

2010.01.22(Fri)
チャンネルNECOで「王ドロボウJING」を全部見終わりました。

しかし、これは昔にも見ていたのですが。

クールでショットに面白いアニメですよ。

思わずカクテルが飲みたくなる。

でも、キャラの名前とかにも、そんな名前が付いているみたいですね。

ヘイ、マスター!おれにも一杯頼むぜ!!


(アニメ・「王ドロボウJING」 シリーズの感想)


でも、このアニメは色々な世界観があって。

物語は短編の連なりみたいな形で進行していくのですが。

どの話も趣向に凝っていて楽しめたと思います。

独特のテーマやビガクがあると感じました。

そして、話ごとに登場してくるジンガールたち。

彼女たちの存在がいい感じで作品の華となっていてさ。

それこそ可愛い子から美しい子まで、非常に個性も豊かに。

とまあ、とにもいい感じでカクテルの色彩のように。

思わずおかわりをしたくなる。

ちなみに自分の好みだったのはどの子でしょうねえ。

あれで見ていると、そうだなあ。

TVアニメラストショット、「ザザの仮面舞踏会」編の子もよかったですし。

それに「時の都アドニス」編の子もよかったですし。

でも、このジンガールたちは声優さんもナイスなんですよ。

ほっちゃんとかゆかりんとかまーやさんとかななちゃんとかねえ。

なかなかにどの子も捨てがたく一人には決められませんが。

しかし、人それぞれで好きなジンガールは見つかることでしょう。


そして、物語について少し触れますけど。

つーか、以前にも少し触れたのですが。

やっぱジンの行動には常に計算もあるんですよね。

そこの所が非常にクールでカッコイイ面もありまして。

そして、ジンとキールによる必殺の一撃、「キールロワイヤル」の存在。

あの技はキメ技ですからね。

なかなか見せ場のような状況で使ったり、頭を使って使ったりと。

上手くそういう状況をジンが作り出しても行くわけです。

その手の描き方にもなかなか見所はあるんじゃないのかなあと。

これは知恵と勇気が最大の武器ともなっているのでしょう。

つーか、非常にセンスも良いアニメですから、

自分はそういう部分も好きでしたな。


そして、この作品で忘れてはならないもの。

それって実は「色彩」なんじゃないのかなあと。

この作品は「キミドリ色」がやけに映えるんです。

その色彩であり色合。

そこに今作のなんかパッションっていうかさ。

そういうものを自分は感じ取ったのです。

でも、世の中には色々な色もあるとは思うのですが。

こうして、やけにキミドリ色が心に残る作品も珍しいかも知れません。

とまあ、なかなかに巷によくあるような。

ヒーロー像みたいな感じとも一線を画しているんじゃないのかなあと。

ジンは非常にカッコイイやつですよ。

つーか、それだけは確かだろうなあ。


王ドロボウJING 1 [DVD]
「王ドロボウJING」に関連するアイテム


では、感想もラストショットですが。

さてさて、あの王ドロボウのジンさんは。

どれだけのガールのハートをジンジンさせたのでしょうか。

そして、この王ドロボウが最後に盗んでいったもの。

それは視聴者である少女たちのハートだったのではないでしょうか。

しかし、OVAの「王ドロボウ JING in Seventh Heaven」を見ていて思ったのですが。

これはラルクのメンバーも見てそうな作品だよなあ。

とまあ、自分的には非常に面白かったアニメですので。

スウィートゥービターなカシスジン。

極上のヴィンテージヴィンテージ。

見事なステアリングをテクニカルにキメる作品だったなぁ~っと。ww

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< またまたチャンネコのマイトガイン、レイアース、レモンエンジェル、王ドロボウJING。 | 空色ホームへ | TVアニメ スカルマン 感想 ~しゃれこうべ~ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/5747-6a17929d

| 空色ホームへ |