空色ホーム > 龍馬伝 > NHK大河ドラマ 龍馬伝 第20話 「収二郎、無念」 感想

NHK大河ドラマ 龍馬伝 第20話 「収二郎、無念」 感想

2010.05.16(Sun)
龍馬は頼り甲斐のある兄貴って感じなんだろうなあ。

あのように友が集っているのですから。

ところてんか。

その、それぞれの糸はまだまだ細くとも…。


(NHK大河ドラマ 龍馬伝 第20話 「収二郎、無念」 感想)


「前回の龍馬伝ぜよ!」

しかし今の半平太は心のバランスが保てているのか。

見るからに危険領域に陥っているかのような、そのような演技が見事ですよ。

半平太はここにきてやけに見応えのある存在になってますね。

そして材木を売り歩いていた弥太郎さんですが。

あのお方が出てくると一気に盛り上がりますよ。

このドラマにおいて、弥太郎の存在は神だな。

楽しすぎますね、あの壮大な音楽が今回はやけにいい。

しかし今回はコンクリートから人への亜種みたいな話が出ておりましたが。

上から下への金なんてそうそう綺麗な訳ではありません。

ましてやこの時代の金の動きはどのようなことになっているのやら。

でも、加尾さんは辛い立場でしたね。

目の前の男はもはや何者になっていたことか。

収二郎、無念。

しかし弥太郎は本当にいい嫁を貰ったよな。

なのに弥太郎もグダグダ言うなよ、おまさん情けなくなるぞ。

にしても、まさか占いだったとは…。

弥太郎と喜勢さん、どっかのつがいのルーピーみたいなことにはなるなよ。

でも、龍馬は着々と人脈を掴んでおりましたよ。

生き金か、これは投資ってことかな。

しかし、あのお菓子ポリポリ食ってた男は謎だな。

歴史上ではどんなことをした人なんだろう。

けど、なんかこうして見ているとさ。

日本の歴史に興味が沸いてくるよなあ。

今回の自分は歴史上の人物の「ものの見方」が気になりましたよ。

しかし収二郎と半平太は痛々しい光景でしたよ。

宮迫さんにはああいうボロボロの役が映えておりましたな。

とても人間らしかった気がしますよ、これは素直に褒めてる意味でさ。

正しいことを正しいと普通に胸を張って言える世の中になりたいですね。


なぜ福山雅治は俳優でも一流になりえたか
なぜ福山雅治は俳優でも一流になりえたか


でも、龍馬が人間的に大きくなっているな。

坂本龍馬はここからでっけえ男になりそうだ。

なんか人の死によってついに眠れる龍が開眼しそうな勢いでしたよ。

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< twitter(ツイッター)のまとめ投稿に非対応なブログでなるべく簡単に投稿する方法 | 空色ホームへ | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第57話 「永遠の暇」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/6811-d995081b

| 空色ホームへ |