空色ホーム > 龍馬伝 > NHK大河ドラマ 龍馬伝 第32話 「狙われた龍馬」 感想

NHK大河ドラマ 龍馬伝 第32話 「狙われた龍馬」 感想

2010.08.08(Sun)
冒頭にも語られましたが、

西郷どんはあのような形でああなられた訳でして。

龍馬に重くのしかかる空しさよ。

それでも今一度会わねばなるまい。

そして龍馬の前には深海の新撰組があらわるのでした。


(NHK大河ドラマ 龍馬伝 第32話 「狙われた龍馬」 感想)


「前回の龍馬伝ぜよ!」

しかし、あの新撰組の何でしたっけ…

あー、コンドーさんですか。

ええ、コンドーさんはお龍さんに目を付けられたようです。

龍馬も方言巧みに話されますが、目の前の新撰組は危ないのです。

何気に鬱憤晴らしに使われるコンドーさんでした。

これは龍馬の勇み足ですね。

近藤勇、坂本龍馬によって一発でした。

や、単にのされただけで、別にまだ逝かれたわけじゃありません。


しかし、今の龍馬は京におりますが。

あれだけ危ない狂の都ですからねえ。

その行動力という面だけ見れば、それこそおっパネェものですが。

長州は絶望への道をひた走っておりました。

どうしても長州だけでは力が足りない。

その頃、とある弥太郎さんはサルを相手に楽しそうにしておられました。

ウッキーモンキーベイベーな感じで、弥太郎はハングリーに頑張っております。

龍馬もお風呂シーンでワイルドに頑張っております。

で、男の肌を見て楽しそうにしてるように見える、あの先生をどうにかシマウマ!

ていうか、こういう方もおられましたな。

すっかり忘れておりましたが。

だが、今は佐那とお龍さんで場を盛り上がる訳にもいきません。

そういう空気じゃないのです。

嗚呼、あのお兄さんがシスコンの上にモーホーに見えてスミマセン。

しかし、近藤勇の心はネプチューンだな。

嗚呼、二人の薔薇男が龍馬にがっついているように見えてスミマセン。

しかも龍馬はごくごくノーマルな男だという。

とまあ、どんどん複雑なフラグを作ってしまう?

この坂本龍馬の人間的な魅力をどーすんよ?

しかし、サービス業は客相手が最も大変ですねえ…。


【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―1(season1) [Blu-ray]
【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―1(season1) [Blu-ray]


そして、西郷どんと今一度会うことになった龍馬です。

ついに西郷どんの方の立場が悪くなったでごわすか。

もはや薩摩にも退路は無いのです。

今更も何も長州と組むしかないのでしょう。

なのにそれが分かってはいても、

あのように諦めてるのか狙ってやっているのかな西郷どんでごわした。

こうなったら薩摩は軍艦と鉄砲を長州に流して態度で示しましょう。

手土産じゃ手土産じゃ。

とうとう龍馬もついについに一つ叶えたか。

これであとはブツをどうにか運ぶだけだぜ。

さあ、亀山社中の大仕事が始まろうとしておりました…。

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 08/08のツイートまとめ | 空色ホームへ | TVアニメ 戦国BASARA弐 第五話 「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/7465-09bc7f61

| 空色ホームへ |