空色ホーム > カードキャプターさくら > 劇場版・「カードキャプターさくら 封印されたカード」 感想

劇場版・「カードキャプターさくら 封印されたカード」 感想

2010.12.04(Sat)
カードキャプターさくら、封印されたカード。

この劇場版アニメはCCさくらの完結編です。

ついにさくらは小狼に告白します。

とびっきりの想い。

みんなでそれを受け止めてあげる。

アタシはそれこそが今作の本望だと思うのよ。

最高の作品でした、知世の想いの具現化なのが本質よ。

「すべてさくらちゃんのためですもの~」

そうよ、その答え。

それは全て最初から提示されていたの。

期待のホープ!そんなのあるかナッシング!?

ちなみに今回は希望と無のカードが登場します。w


(劇場版・「カードキャプターさくら 封印されたカード」 感想) 「たまらないわさくらちゃん」/「参考のCCS完結編感想」


(この作品のあらすじかしら)

あのさくらと小狼、空港での別れから…そして――。

小学6年生なったさくらたち。

ずっと小狼への想いはさくらの胸の中に秘められています。

さくらには伝えたいことがありました。

ちゃんと会ってちゃんと言葉にして。

さくらには言いたかったことがありました。

この劇場版ではついにそれが叶います。

これはちゃんと幸せが届けられる、とてもとても素晴らしい作品でした。


(この作品の感想なのよ)

でも、アタシもずっとTVシリーズから見ていて、また今日もこの劇場版を見ていて。

ふふっ、本当にこれで何回くらい見たかしら。

それでも何回見ても飽きやしない、これは見れば見るほど想いが深まる。

この劇場版はそれくらいに素晴らしい、どれだけ絶賛しても言葉が足りない。

カードキャプターさくら。

本当に心から大好きな作品です。

こんな作品は終わっても終わらない。

終わりのない想い。

それがずっと溢れ出して行く、どこまでも流れ続けていく。

この想いには名前がある。

その名前をちゃんと見つけ出せば。

明日へのメロディーはいつまでもいつまでも在り続けられる。

だいじょうぶ、ぜったいだいじょうぶ。

この世にはありない事もたくさんありえてしまう。

この世にはありえる事もたくさんありえてしまう。

いつか希望も絶望に変わる事もあるでしょう。

いつか想いも嘘だと感じてしまう事もあるでしょう。

この世に偶然なんてない、あるのは必然だけ。

この引かされているようなトランプのカードも実はクランプのカード。

そんな時でもね、さくらの魔法の言葉を思い出して。

だいじょうぶ、ぜったいだいじょうぶ、、、だから!


『だから』


そうよ、そのニュアンス、それが宝物なの。

それは、ニューアンスァーなの。

想いがある、だから、だからこそ頑張っていきたい。

幸せになっていきたい、諦めないでいきたい。

叶えたいと、そんな想いがある。

そんな想いだから、だから、だからこそ。

それは宝物になる。

つまり宝物だから守りたいと願う。

想いはまるでプラチナのように。

いつまでもいつまでも輝くような。

そんな想いは宝物だから。

そんな想いこそが明日への希望だから。

そんな、だから、もの、になるの。

だから、、、だから、、、…「みんなありがとう」――。

ほら、作中の挿入歌でもちゃんと感謝の気持ちは表している。


でも、この劇場版のあらましも書いておかなくちゃいけなかったわね。

さくらには一番好きな人が見つかりました。

さくらは雪兎さんとの約束があるから話しました。

そんなこれまでの多くの伏線も一本の線になっていく。

TVシリーズからずっと見てれば、それはもう素晴らしい構成で仕方なくて。

本当に愛おしい作品なんだわ。

よくもこんな作品をアタシに見せつけてくださいました。

本当に非の打ち所がありません。

この作品は最後のピース。

それをアタシたちの心から集めて完成するのです。

とてつもなく可愛いさくらちゃん。

桜は日本の象徴です。

この作品は富士山よりも更なる想いの高みを見せてくれます。

さくらと小狼の想い。

それは現時点での最高へと天辺へと登り詰めました。

これより先へ行くには大人になるしかありません。

こうしてさくらや小狼には魔法があります。

けど、等しく時を重ねて、さくらたちもアタシたちも。

そのそれぞれの想いを、更に深め合っていくのでしょう。

素敵な想いのある、素敵な愛のある大人になりたいわ。

そして世界の中心で大好きな人の名前を叫ぶの。

すると世界の中心で大好きな人が叫び返してくれるの。

もう二人の距離はプラマイゼロで。

ふふっ、もう無理ね、アタシ百合スキーだけど。

ええ、さくらと小狼の想いは無敵になったのよ。

この撫子祭、その部首はてへんでした。

これはてえへんな子供たちの、てえへん想いに満ち溢れた。

本当に心から大変素晴らしいよく出来ましたな桜花丸の作品でした。

その想うということ。

それは手間がかかる願いなのかもしれません。

それこそ祈りなのかもしれません。

そんな想いを、それぞれの人が、それぞれの愛する想い人たちへ。

その手のひらで、たくさんたくさん撫で続けてあげたいんだわ。

届けて、その声を。

伝えて、今すぐに。

初めて見た様な、知らない、輝く未来、探しに行きましょう。


劇場版 カードキャプターさくら 封印されたカード [DVD]
劇場版 カードキャプターさくら 封印されたカード [DVD]


カードキャプターさくら。

これは本当に素晴らしい作品だったわ。

まさにアタシの人生の中でも小指に値する作品なのよ。

その赤い糸。

それはずっと断ち切られることはありません。

素敵な素敵な赤い糸。

いいえ、少しだけ訂正したいわ。

それは桜色の糸がずっと繋がっていくんだから。

こんなに幸せな想いに触れさせてくれた。

だから、みんなありがとう。

やっぱりこの作品は大切な想いがいっぱい詰まった宝物だから。

とびっきりのさくらちゃん。

あの最後のジャンプ。

ふふっ、やっぱりアタシの心に焼きついてしまっているわね。

見つけたくて叶えたい、そんなプラチナムな宝物だから。

さあ、こうして最後の苦労は封印されました。

これから幸せの桜が咲き誇ります。

さくらちゃんは心の花、さくらちゃんは心の翼になりました。

大切な人に大好きと言える。

そんな希望に溢れた想いを、ちゃんと声にして届けてみせたいな。

さくらには小狼、知世にはさくら……うふふっ。

だから!もうっ!さくらちゃんっ!

やっぱり最後は「ほえ~」って叫んでしまいたいのよーッ!?

ちなみにその「ほえー」の語源を知っているかしら?

あれはホエールから来ているのよ、つまりクジラさんのことなのね。

って、アタシも何を口走っているのかしら。

ふふ、ちょっと桜酒に酔ってるみたいね。

それでも今はこの美酒に酔わせてほしいわ。

だってほら、こうしてさくらちゃんの感想をコンプリートしたお祝いなんだから。

美味しい日本酒に桜の花びらを浮かせたら、なんてそれは美しい日本の心になるのかしら。ww

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< TVアニメ・「カードキャプターさくら 主題歌コレクション」 感想 | 空色ホームへ | 劇場版・「カードキャプターさくら」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/8093-fd446265

| 空色ホームへ |