空色ホーム > 空色カオス(終) > 漫画・「ファントム デッド オア アライブ」 感想

漫画・「ファントム デッド オア アライブ」 感想

2011.07.13(Wed)
「ファントム デッド オア アライブ」

これは「ハーメルンのバイオリン弾き」でお馴染みな作者さんの新世界でありました。

漫画の内容は戦闘機パイロットものであります。

久々に読み返しておりましたので、少し感想に書いて記憶に残しておきましょう。

これから空の大河ロマンになろうという時にタイガーオチをぶちかました伝説デスッ!!


(漫画・「ファントム デッド オア アライブ」 感想)


でも、この作品は第8巻まで出て終わりましたが。

こうして読み返してみると、物語は結構なレベルで面白いですよ。

視点が幾つもありますから、そういうの見てると先が読みたくなっております。

非常に構成も素晴らしいと思います。

それこそ鷹の眼とはテイクであります。

自分はもっと物語のテイクオーバーを望みたい作品でありました。

あの第8巻の内容はもう少し長くやる予定だったろうと思いますから。

けど、最終巻にあれだけ詰め込んでも、

わりといい味になってるから有終の美なのであります。


しかし、ハーメルンもそうでありますが、

この作者様のシリアスからギャグへの入り方はまさにサイコーであります。

嗚呼、登場キャラのシリアスにもギャグにも壊れゆく有様の数々よ。

ええ、そこら辺のオンオフはガチで絶妙だと思いますね。

それによってキャラクターも非常に活きて参りますから。

あのタイガーさんの野獣っぷりを確かめたかった。

まさに出番の有るか無いか。

その使い方までが凄まじいセンスだったのであります。

想像を絶しますね。

あのタイガーオチは、まさに空の大河ロマンに対してのサイキョーの牙であります。

食うか食われるか、やるかやられるか。

少年ガンガンという漫画雑誌の中で、その連載続投という条件には、

きっと過酷で熾烈な弱肉強食の争いが待ち受けていたのでありましょう…。


だが、この作品に関して言えば。

今の日本という時代になって、ようやく真の本分を発揮できる作品になったと感じられます。

この平和ボケしてる日本だって楽園なんかじゃないんだから。

今作品という題材は日本人に対して多くの感情を揺さぶると思います。

実は追い付いては欲しくなかった。

そんな時代が近づいて来ているのが残酷であり、

夢も現実もどうしようもなく重たい。

最終巻のファントムの台詞ですが、そいつら抱えて空を飛ぶのさ…。

登場キャラ達のそれぞれの生き様。

その背負いし有り様…そして空を飛ぶ理由の在り様。

多くの視点の中にある、それぞれの価値観の望縁今日。

それを見事に描いていたと思われる作品であります。

この世には人を狂気へと追いやる何かがあり、

この世には人を狂喜にも導く何かがある。

全てはこの生きている世の中で、同時に存在している何かだと思います。

人の価値観とは生きている環境によって大きく変化するだろう。

環境が人を、人が環境を、悪意か善意のままに変えていくだろう。

例えば自分たちは生れ落ちた場所が日本でありました。

それって感謝すべきであり、決して罪と思うことではないと思う。

きっと多過ぎる価値観が人を幸福へも不幸にも追いやっているんだと思う。

この作品は第8巻までで終わっております。

しかし自分はもっと続けて読みたかった作品でありましょう。

価値観という視点的にも、この登場キャラ達の生き様を見たかったのですから。



『ファントム デッド オア アライブ』に関連しているもの


でも、第8巻まででタカシの成長という題材はかなり描いてくださいました。

つーか、これってキャラが活きているんだよなあ。

よって自分が最も惜しまれるべきは、もう少し巻数が欲しかったくらいであります。

けど、今はハーメルンのシェルクンチクで、

今作でまだやりたかった事もちゃんとやりきって下さると信じておりますよ。

自分は勝手にでありますが、そのように思うのでありますから。

そしてトムさんの言うように「人間らしく」いたいのは本心であります。

なぜならば、そしたら空はもっと微笑んでくれるのでありましょうから。

とまあ、自分は結構おすすめの作品でありましたね。

この世がデッドオアアライブなのは間違いではないでしょう。

ええ、おっぱいブルルンなくノ一の抜け忍なんてまぼろしなのであります…?(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 07/12のツイートまとめ | 空色ホームへ | TVアニメ 花咲くいろは 第15話 「マメ、のち、晴れ」 感想ツイート >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/9814-83ee8b34

| 空色ホームへ |