空色ホーム > 海街diary > 海街diary 第4巻 帰れない ふたり 感想

海街diary 第4巻 帰れない ふたり 感想

2011.08.12(Fri)
吉田秋生さまの「海街diary」の第4巻を読んでおりました。

今回は「帰れない ふたり」であります。

半角スペースと全角スペースのいい気遣い。

それにしても風太、おまえいいやつだなあ。

すずちゃん、そのネックウォーマーは洗わないで返した方が喜びますよっ?

きっと距離感にも色々な形があったのでありましょう。

ちなみに食べたいものがたくさん出てきました。

おなかすいたー!おなかすいたよ~!!ww


(海街diary 第4巻 帰れない ふたり 感想)


「前巻の感想」

しかし今巻は風太がたまらないキャラをしていて最高ですが。

こいつはどんな大人になるんでしょうね?

そんなのをちょっぴり考えて一人で爆笑してしまいました。

こんなおれですいません。

風太にケータイ、買ってあげてください。

若いですからウィルコムのだれとでも定額が宜しいかもしれません。

もっとすずちゃんと話させてみたいであります。

ちなみにおれはこういう恋バナスキーであります。


けど、この作品は本当に素晴らしいな。

もはや最後まで読むと「奇跡の一冊」と言っても過言ではない。

とても胸にズキンズキンとくる場面がありました。

例えばその一つに「ばあちゃんの焼きそば」の思い出がズキンとしました。

あの「奇跡の一皿」っていうのは、きっと誰にでもあるんじゃないかな。

形や味も人の数だけあるんじゃないかな。

思い出のなかの味、そこには喪失もある。

いや、たしかに喪失があった。

けど、みんな前を向いて生きてんじゃん。

とても嫌な事があっても、人は生きて味わい深めてきたんじゃん。

誰だって苦しんだり悩んだりするけど、夢だって描けるじゃん。

分からないけど、たぶん、きっと、でも、そう思えている自分だっているんだからなあ。

同じように、そう思ってない自分もいるんだけどね?


今巻の表紙の「大銀杏」に込められた作者様の思い。

それはこの本を読めば、きっと読者の心にも届くでしょう。

再生の願いを、新生の芽吹きを、あったかく。

ていうかこんな本を読んだらじっとなんかしてらんないじゃん。

おれたちゃもっとチョクでいろいろ語れんじゃん。

おれも得意としているシチュー作ってみんなに食べさせてえじゃん。

人と人の繋がり、そして絆ってやつは、こんなにも人の支えになるんだろう。

こうして今巻を読んでいると、まるで自分は支えられたような気持ちであります。

「人」という字はよく支え合って出来ていると言いますが、

「人間」という言葉を表し合って出来ているのが今作かもしれません。

人は人の事を決して全て分かるわけではありません。

人と人には間があって当たり前なのですから。

その「間」とは距離的な意味でもあり、仲的な意味でもあり。

この作品はそんな空気を素晴らしいまでに表現されております。

時には切ない場面もあるのですが、

それも全部ひっくるめて、この作品は読んでると居心地が良くなってきてさ。

何気に自分は飢えてしまうのであります。

心が満たされて、イコール、心が飢えてしまう。

きっと喪失というものを重ねた分だけ、

今作品は人の心にチョクで入り込んでしまうのでしょう。

無理に逆らおうとしなくていい。あるがまま感じていけばいい。

人の時の間とは生涯であります。

そして人をショウガに例えたようなの、とてもおいしかった。

「生涯」をカタカナで「ショウガイ」として、自分はその中の「イ」に「人」を感じましたから。



海街diary 4 (flowers コミックス)


しかし、おれはゆるキャラみたいな大仏さまに萌えてしまったじゃないか。

そしてアジフライにかぶりつきたくなったよ。

それこそアジフライ!アジフライ!?

そうさ、おれはアジフライで思い出したのさ。

中学生の頃に学校で売ってたハムフライの味をな。

それがめちゃくちゃおいしくって、ついつい昼時に買ってしまうのさ。

という今回はおれのなつかしい味覚さえ呼び起こしてくれました。

もはや海街diaryは人間の五感に訴えかけてくる作品であります。

あの、1192つくろう鎌倉幕府から数百数十数年!

いま、2011おいしい鎌倉散歩となってるお知らすジャー!!

ふたりごはん、あんな表情、なんだかたまんないですね。w

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< <シングルベッド>「シャ乱Q」の名曲に続編 今度は「プロポーズ」 歌うのは徳山秀典 | 空色ホームへ | 08/11のツイートまとめ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/9952-00ab875d

| 空色ホームへ |